eBayの出荷(シッピング)ツールを使うときに注意したいの3つポイント

2016-04-12

eBay輸出を始めたばかりの頃は、落札数も少なくEMSやePacketの伝票の作成は大きな負担ではありません。しかし、eBay輸出の作業に慣れてくると、この作業が億劫になってきます。しかも、この作業は完全な事務作業・誰でもできる仕事です。どうにかして効率化し、他の作業に集中したいもの。

効率化するためにまず思いつくのがeBayが提供しているのシッピングツール(出荷ツール)を使うことです。eBay輸出でこのツールを使うと次のようなメリットがあります。
 

・住所の入力(コピー&ペースト)が不要
・eBayにワンクリックで追跡番号を登録してくれる
 

など、eBay輸出を行う上でとても便利なツールですが、いくつか注意すべき点があります。ここでは、その注意事項を3つ紹介します。


 

ポイント その1:送る住所はPaypal住所

eBay輸出で出荷(シッピング)ツールを使う際の3つ注意点

このツールでは、eBayの登録住所が伝票に転記されます。しかし、郵送中の事故に対する補償はあくまでPayapalの住所です。eBay輸出を始めて2年経ちますが、たまにeBayとPaypalの住所が異なる場合があります。そのため、eBay輸出でこのサービスを利用する場合でも、Payapalの住所をチェックする必要があります。

私がeBay輸出を進める中で、eBayとPaypalで住所が異なる場合には、次のような例文を使って、送付先について確認します。
 

Thank you for your purchase.

I checked your Paypal address, but your address is different from your eBay Address.

Your Paypal address is
(相手の住所)

As you can see the description of the item, the address has to be your Paypal address to send.
(Because of insurance.)

If you want to send your eBay address, please cancel this transaction first.
After setting the correct address, Please repurchase the item again.

I’m waiting for your reply.
Thank you.

 

ちなみに、Paypalに確認したところ、購入後はPaypalの住所を変更することはできないとのことです。住所を変更するためには、取引を一度キャンセルした後、再度購入してもらう必要があります。また、Paypal住所以外に送って欲しいという方には、このような文章を送っています。
 

Thank you for your message.

As you can see the description of the item, the address has to be your Paypal address to send.
(Because of insurance.)

If not,please send me message for cancellation.

I will wait for your reply.
As soon as I receive your reply, I will send the item.

Thank you.

せっかくの販売機会を逃すのは残念ですが、トラブル等に巻き込まれ、時間と労力をとられる方が損失が大きいと考えて取引の安全を第一としています。
 

ポイント その2:発送状況を知らせるメールが届かない

eBay輸出で出荷(シッピング)ツールを使う際の3つ注意点

国際郵便マイページサービスから登録すると、このような画面が出てきます。

20160518_EMSメール
 

ここのいくつかにチェックを入れておくと、相手国到着・税関通過・配達完了など指定したタイミングでマイページサービス事務局からメールが届きます。また、マイページサービス上で発送状況を一覧で確認することができます。しかし、このサービスを使うとこのようなメールが届かないため、自分で状況を確認する必要があります。代替ツールとしてAftershipsというツールがオススメです。
 

発送状況確認サービスAfterShip
https://www.aftership.com/
 

eBayや世界中の郵便局と連携して、郵便物の追跡情報を無料で収集してくれるサービスです。
 

20160324_afterships
 

ポイント その3:重量を空欄とすることができない

eBay輸出で出荷(シッピング)ツールを使う際の3つ注意点

私が、eBay輸出でこのシッピングツールを使わない(使えない)最大の理由がこちらです。私は商品の発送を代行業者にお願いしています。このため、梱包完了後の商品の重量は分からず、郵便物の重量・送料を空欄にしておく必要があります。しかし、このサービスでは重量の記入が必須となっているため使うことができないのです。代行業者を使っていなくても、梱包してその重量を測ってから使用する必要があります。最終的に郵便局で重量を測ってから送料を決めるので重量はブランクでも良いと思うのですが・・・
 

ポイント まとめ

eBay輸出で出荷(シッピング)ツールを使う際の3つ注意点

以上、ここではeBay輸出でEMSやePacketの伝票作成を効率化するために、eBayのシッピングツールを使う場合の注意点を3つ紹介しました。それぞれのツールでできることできないことを把握して、作業の効率化を進めましょう。
 

(おまけ)
上記3つの理由から、Paypalアドレスを使った伝票作成を効率化したいと思い、私はExcelのプログラム(マクロ機能)を使ってPaypalの取引データのCSVファイルを読み込み、マイページサービスに取り込むプログラムをを作成し、利用しています

興味がある方がいらっしゃいましたら、問合せページから個別にご連絡下さい。

→ 問合せページはこちらから
 

ポイント 無料PDFプレゼント!

(裏ワザ)手元のパソコンのBidMachine入札設定を自宅のパソコンに反映する方法

Chromeリモートデスクトップは便利ですが、遠隔操作なのでどうしても反応が遅くなります。従って、外出先から自宅のPCにアクセスしてBidMachineを設定することにはストレスを感じてしまいます。そこで、外出先のPCのBidMachineで入札設定を行った後、その設定を自宅のBidMachineに送る方法をまとめました。私のように、毎日自分のパソコンを持ち歩いているような人であれば、もう一工夫することで、さらにストレスなくBidMachineを使うことができます。

詳細は、こちらにまとめました。

BidMachineバナー

ご確認下さい。尚、ご入力いただきましたメールアドレスに、当ラボからのメルマガをお送りいたします。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.