eBay有在庫販売でもFile Exchangeは必須!

2017-05-23

eBay(イーベイ)の公式ツールであるFile Exchange(ファイル・エクスチェンジ)は無在庫販売のためのものではありません。eBayで「在庫を仕入れてから販売する有在庫販売」でもFile Exchangeは必須です。

と言う私も、中古カメラの販売という有在庫販売からeBay輸出を始めたこともあり、File Exchangeなどの出品ツールの存在は知っていたものの、調べて使う気にはなりませんでした。

しかし、あるキッカケでFile Exchangeに触れ、実際に使えるようになると、これまでやりたくてもできなかった様々なことができるようになり、今ではFile Exchangeは手放せなくなりました。

ポイントeBayの有在庫販売でFile Exchangeが不要だと思っていた理由

eBay有在庫販売でもFile Exchangeは必須!

 eBayの有在庫販売は、実際に販売するものを仕入れてから、検品して出品することになります。したがって、何よりも良い商品を仕入れること。eBayの有在庫販売では「仕入れ」が最重要です。

 次に仕入れた商品を「検品」し、商品写真の「撮影」をする必要があります。これらは意外と手間がかかり、家に在庫を貯めてしまうこともしばしば。当たり前ですが、File Exchangeがあっても商品を検品してくれたり、商品写真を撮影してくれる訳ではありません。

 また、最初の頃は出品枠の制限が厳しいものの、資金力が限られる有在庫販売では、すぐに「仕入れ資金(元手)」の制限の方が厳しくなります。従って「仕入れ資金(元手)」の制限から「出品数」が限られます。

 また、eBayジャパンのセミナー等に参加しても、ファイル・エクスチェンジの情報は少なく、有在庫販売をしている人たちの中にも、ファイル・エクスチェンジを使っている人がいませんでした。

 しかし、売上を伸ばすため、出品数を増やそうとすると、出品・再出品・在庫管理(資金管理)の手間が増えていきます。

なんとか効率化できないか?

その答えが「ファイル・エクスチェンジ」でした。

ポイント再出品の仕組み化・効率化

 皆さんは、新規出品をする際、どのように価格設定をしていますか?

・ライバルの価格
・仕入れ価格
・欲しい利益

などを考慮しながら、試行錯誤していると思います。しかし、実際のところ、販売価格は売ってみなければわかりません。

 実際に売ってみて、売れずに出品期間が終了してしまった際、どのように再出品していますか?

・商品の値下げ余力
・View数-Watch数
・仕入れ時期
・ライバルの有無

 これらのデータを参考に、再出品時の価格・タイトル・写真の等の見直しを行います。出品数が少ないうちは、これらの数字を調べることに手間はありません。しかし、出品数が増えてくると、これらの数字を一つ一つチェックしている余裕がなくなり、そのまま再出品を繰り返したり、思いつきで価格を下げて見たりということになってしまいます。

 そこで役に立つのが「ファイル・エクスチェンジ」です。

 商品の仕入れ価格・仕入れ時期などのデータは、在庫管理表で管理しています。このデータとイーベイからダウンロード可能な販売価格・Watch数を連携させることにより、再出品時に参考となるデータがひと目でわかるようになります。さらに、これらの参考データから再出品価格を決定するルールを作れば、自動で新しい出品価格を設定することができます。

 必要となるデータをイーベイからダウンロードし、5分で価格を見直して最適な価格での一括再出品ができるようになります。

ポイント新規出品の出品スピードアップで出品数を増やす

 再出品作業よりもハードルは高いですが、新規出品でもファイル・エクスチェンジは有効です。

 ・在庫管理表
 ・検品チェックシート or 出品テンプレート
 ・送料設定、自身のストアカテゴリID、出品カテゴリIDなどの情報
 ・商品詳細(Item Specifics)の情報

連携させれば、ファイル・エクスチェンジの出品ファイルを作成することができます。

 いずれ当ラボでも公開をしたいと思いますが、初期設定が大変なので、個別にメールをいただければと思います。

出品スピードが上がると次のようなメリットがあります。

(1)仕入れ量を増やせる

 仕入れから出品の期間を短縮することができます。検品作業も手間ですが、意外と面倒なのが検品・写真撮影後のeBayへの登録作業。出品ページを開いてカテゴリを選択、写真を選んで、タイトルを決め、価格を検討・・・簡単なようで意外といろいろ考えています。これらの作業を効率的に行うことができるようになります。

(2)利幅が低い商品でも仕入れられる

 出品のスピードがあがれば、いつの間にか家に溜まっているアクセサリ・パーツなど、出品すれば利幅は小さいが利益率100%の商品を効率よく出品していくことができます。私の場合、カメラのレンズキャップ、フィルター等、売れば一つ数千円の利益が取れるものをまとめて出品することができるようになりました。

ポイントまとめ

 eBay有在庫販売をしている方でもファイル・エクスチェンジが使えることを紹介してきました。

ちょっと取っ付きにくいファイル・エクスチェンジ。だからこそ積極的に活用してライバルに差をつけるチャンス。当ラボでも、そのお手伝いができればと思います。

File Exchangeを活用した便利なツール公開中

当ラボでは、eBayサイトからダウンロードできる各種データと連携して、File Exchangeで一括修正・再出品するためのCSVファイルを作成するための便利なツールを公開しています。

商品一括再出品ツール

無料配布中

出品期間が終了した商品を、何も考えずに再出品している方のために、File Exchangeを活用して、価格・タイトル等を修正して一括で再出品する為のツールを作成しました。
eBay-ヤフオク商品チェッカー

ヤフオク仕入れの商品リサーチを
仕組み化しました!

ボタン一つでヤフオクとeBayを同時に検索、想定利益、販売実績、ライバル数などが表とグラフでひと目で分かります。また、データベース機能を使えば、あなただけの商品リストができます。

File Exchangeの関連記事

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.