人気商品だから売れる?eBay輸出のリサーチで見るべき「あと一つ」の数字

2016-02-24

eBay輸出で商品を仕入れの基本は人気商品を仕入れるということです。従って商品リサーチでは、まず人気商品をリサーチすることから始めます。ところで、具体的に人気商品とはどういう商品のことを指すのでしょうか? たくさん売れている商品(=販売実績が多い商品)確かに間違いではありませんが、これだけではダメです。

ここでは、商品をリサーチする際に気にするべき「あと一つ」の数字と、その数字に対する具体的な判断基準の一例を紹介します。
 

ポイント 「あと一つ」の数字とは?

その数字とは、「ライバル数」です。eBayサイトでは、商品を検索するとヒットした商品の数が左側に表示されます。また、販売実績を表示する「Sold Listing」オプションのオン・オフで、販売実績とライバル数を知ることができます。ライバルは次の2つに分けられます。
 

(1)日本人セラー

仕入れ・関税・送料が基本的に同じ条件になるのが日本人セラーです。eBayのAdvanced Resarch機能を使って調べます。 日本人セラーが、たくさん販売している人気商品なら、取り扱える可能性があります。
 

(2)全セラー

eBay全体のセラーです。セラーの国を絞らずに商品を検索して人気商品が見つかった場合、それだけでは取り扱って良い商品か判断できません。それは、仕入れルート・関税・送料が異なるからです。この場合、Advanced Resarch機能を使って日本人セラーの有無を確認します。日本人セラーがいないのに、世界ではよく売れている商品の場合、日本からの送料を考慮し、その商品を安く仕入れられればうまく売れるかも知れません。若しくは、その関連商品(日本限定商品など)があれば、ニーズがあるかもしれません。
 

ポイント どれくらい人気がある商品が良いか?

さて、具体的にどれくらい(eBayのSold Listingで何個)売れている商品が良いでしょうか?販売実績が多ければ多いほど良いのでしょうか?私のように個人・小規模なビジネスを行っている場合は、次のように考えます。
 

(a)販売実績100、現在ライバル50

ライバル数が多いため、価格以外でのライバル商品との差別化が難しくなります。一方で、価格をある程度下げれば、売れるという安心感があります。このような商品の場合、価格を下げざるを得ない場合でも損失が抑えられるように仕入れることがポイントです。
 

(b)販売実績6、現在ライバル3

ライバルが少ないため、ライバルの商品との差別化がしやすいです。一方で、3ヶ月で6個程度のニーズしかないため、長期在庫となる可能性が(a)より高くなります。また、ライバルが少し増えるだけで価格競争に陥る恐れがあります。このような商品の場合、価格競争に備えて利幅が十分に大きい商品を選ぶこと。また、長期在庫となっても資金繰りが苦しくならない様に、仕入れ量を調整することが大切になります。どちらが良いか?一長一短ありますが、その商品がどちらのタイプに属するかを考えましょう。また、自分の資金量と出品している商品のなかでバランスを意識しましょう。
 

以上、eBay輸出人気商品のリサーチで見るべき、「あと一つ」であるライバル数についての紹介でした。商品リサーチ・仕入れの際、ちょっと気にしてみては如何でしょうか?
 

ポイント (コラム1)やってはいけない

販売実績(数個)<現在ライバル数(10個以上)

販売実績が数個しかないのにライバル数が10個以上ある商品には注意が必要です。販売実績が数個ということは、それほど人気がない商品であること。一方、ライバルが多いということは、ライバルより良い条件(価格・コンディション)を付ける必要が有ること。

こういう商品に限って利幅が大きく見えます。利幅が大きいと、仕入れの基準を甘くする (仕入れ値を上げる)ことができるなるため、仕入れやすくなります。
その利幅に釣られて、販売して長期在庫になってしまうという、痛い目に会ったことがたくさんあります。
 

ポイント (コラム2)キーワードに注意!

eBayの商品リサーチは、あくまでもキーワード検索であるため、適切なキーワードを使用することが大切です。一文字、一単語違うだけで全く違う商品になったり、2つの商品が同時にヒットしたりすることになります。

(例)「Canon EF 100mm F2.8 Macro」と「Canon EF 100mm F2.8 Macro USM」
前者をキーワードとして検索を行うと、後者の商品も含めた結果となります。こちらで述べたような、検索テクニックを使って本来求めている商品のみを検索することが大切です。

また、中古品を扱う場合には、商品コンディションにも注意が必要です。特に販売実績豊富な人気商品である場合、販売実績価格の幅が極端に大きい場合があります。状態(Mint,Excellent,Very Good, As Is)ほか、箱付き(Boxed)など、自分がリサーチしたい商品の状態についても把握する必要があります。
 

ポイント ヤフオク複数キーワード一括検索ツール 「ヤフオクMyリスト」

毎日のヤフオクの入札商品探しを効率化

キーワード検索の入力時間を「ゼロ」にしました。

一週間の無料お試しができます。

詳細は、こちらにまとめました。

どこでもリサーチバナー

ポイント ヤフオク仕入れ商品チェッカー

FE2

ヤフオク仕入れの商品リサーチを仕組み化しました!

キーワードを入力後、ボタン一つでヤフオクとeBayを同時に検索し、eBay-ヤフオクの販売価格の差、販売数、ライバル数などが自動で整理されます。
Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.