【リサーチの3つのお悩みを解決】新ツールサンプル版公開

2020-01-12

ひとりeBayセラーのリサーチに関する3つの悩み

(1)面倒
(2)時間がない
(3)何を調べたか忘れてしまう

を解決するツールを作成しました。

それが、
複数サイト一括検索&キーワード管理ツール
e-Cross-Search2

です。

GoogleのWebブラウザであるChromeを使うことで、PCだけでなく、スマホ・タブレットを活用してスキマ時間でのリサーチができるようになりました。

ポイント1 3つのお悩みを解決

e-Cross-Search2ではeBayセラーの商品リサーチの3つのお悩みを解決します。

(1)「一括検索」で面倒を解決

 商品リサーチは、同じキーワードを複数サイトで何度も入力するという単純作業の連続です。本ツールでは、1回のキーワード入力で最大7つの仕入元サイトを一括検索することができます。
※対応サイト:メルカリ、ラクマ(フリル)、ヤフオク、ヤフーショッピング、楽天、Amazon、駿河屋

(2)「スマホ活用」で時間がないを解決

 スマホ・タブレットでリサーチできるようになりました。これにより、通勤時間・家事のスキマ時間に、スマホがあればリサーチができます。

(3)「簡単ログ機能」で何を調べたか忘れてしまうを解決

 商品リサーチの難しさの一つが、キーワードの管理。せっかく見つけた良いキーワードも、管理できずいつの間にか忘れてしまいます。本ツールでは、3つのシートでリサーチの記録を管理します。
検索履歴シート:本ツールを使った検索履歴を自動保存します。
キーワードシート:見つけたキーワードを一括管理します
出品候補シート*:出品できそうな商品を管理します。
*当ラボの出品ツール「e-Speed-Lister」を使えば、さらに出品が簡単になります。

ポイント1 本ツールの構成

・検索ツール本体

→検索ツール本体です。Google Chromeアプリで動作します。

・データ整理用スプレッドシート

→データ整理用のシートです。Googleスプレッドシートで作成されています。

ポイント1 本ツールを使ったリサーチの流れ

Google Chromeアプリ上で各種検索を行った結果が、データ整理用スプレッドシートに保存されます。

ポイント1 サンプル版を用意

百聞は一見にしかず。ということで、実際に動作するサンプル版を用意しました。

・Google Chromeで下記リンクを開くと実際に操作することができます。
・「検索ツール本体」と「データ整理用スプレッドシート」の連携も確認できます。

登録作業は不要で、すぐにお試しいただけます。ぜひお試し下さい。
注:Google Chromeで開いて下さい。(Googleアカウントにログインしている必要があります)

・検索ツール本体

e-Cross-Search2(サンプル版)

・データ整理用スプレッドシート

データ整理用シート(サンプル版)

簡易マニュアルは下記のリンクにあります。
簡易マニュアル(PDF)

ポイント1 正式版公開しました

2020年1月17日正式版を公開しました。
詳細はこちら

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.