すべて無料!Google Chromeツールを使ってeBay販売の効率アップ

2016-04-12

eBay輸出で使うのが当たり前ですがWebブラウザです。あなたはどのブラウザを使っていますか??私のオススメはGoogle ChromeというGoogleのブラウザです。オススメの理由は、アプリと呼ばれる追加機能(ツール)を導入することによりeBay輸出ビジネスの効率化が図れるからです。ここでは、eBay輸出で使うことができるオススメの無料ツール(アプリ)を5つ紹介します。
 

ポイント Google翻訳

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

eBay輸出で必須の英語。こちらにも記載しましたが、Web上では様々な無料の翻訳サイトがあります。
 

eBay輸出で使える無料翻訳サイト・ツールの使い方

 

しかし、どれも調べたい英文を当該のサイトに コピー&ペーストする必要があります。しかし、このツールではそのサイトで調べたい例文を選択、クリックするだけでその場で翻訳されます。問い合わせ、eBayからの重要そうなお知らせなどをチェックする時に簡単に使える翻訳ツールです。選択範囲が大きすぎると翻訳できない場合があるようなので注意が必要です。
 

ポイント リモートデスクトップ

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

eBay輸出では、パソコンが無いと何も始まりません。作業のためには常にパソコンの前にいる必要がります。しかし、外出先でスマホしか無いときに限って、質問のメールが届いたりする時があると思います。値下げ・商品状態の質問など、購入に前向きな質問であれば、素早く回答することで購入へ繋がる可能性が高まります。また、クレームの場合には、速やかに一言でも返信することで相手に安心感を与え、「Case」オープンなど、アカウントへのダメージを与える可能性を未然に防ぐことができます。

しかし、必要なデータは家のパソコンの中。そういうときに役立つのが「Chromeリモートデスクトップ」です。このアプリをパソコンに導入することで、手元のスマホから自宅のパソコンにアクセスして、遠隔操作することができるようになります。こちらでは、使い方の一例として、ヤフオク自動入札ソフトを遠隔操作することで便利に使うことを紹介しています。
 

eBay輸出2つの無料ツールで、ヤフオク仕入れを更に便利に

 

ポイント 自動リロードツール

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

eBay輸出で行わなければならないのが「仕入れ」。仕入先としてヤフーオークション(ヤフオク)を使っている方であれば、入札をしたり、予約商品の販売開始を待ったりするときに使えるアプリです。ヤフオクで入札した場合、「最高入札者」と表示されますが、その後誰かが高値で入札しても自動でその画面が更新されることはありません。そのため、落札できたと思ったら別な人が入札していたなどということもあります。

このアプリは、ブラウザで開いている指定したページを一定時間ごとに再読み込み(リロード)する機能です。
使い方は簡単。自動で再読み込みしたいページを開いた状態で、アプリのボタンをクリック。読み込み間隔を設定するだけです。
 

ポイント サイト更新監視ツールChrome PageMonitor

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

こちらも商品の仕入れに役立つアプリです。eBay輸出の仕入先の一つとしてネットショップを使っている場合、ライバルが多いお宝商品はすぐに無くなってしまうため、ネットショップで販売されたらすぐに注文する必要があります。しかし、いつ更新されるか分からないそのページをずっと見ていることはできません。そういう時に役立つソフトです。このソフトは、指定のページが更新されたらアラートが表示させることができます。どこが更新されたか色でお知らせしてくれます。

使い方は簡単。指定のページと監視周期を設定するだけです。ページが更新されたら更新アラート表示がポップアップされるようになります。注意点は、更新頻度が多すぎると仕事のジャマになるということ。監視するページをショップのトップページにするのではなく、特定のカテゴリにするなどの工夫が必要です。
 

ポイント Googleスプレッドシート

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

eBay輸出では、商品の在庫・資金管理をはじめ、様々な数字を管理する必要があります。大半の方は、Microsoft Excel等の表計算ソフトを使って在庫管理をしていると思います。こちらも表計算ソフトの一つ、いわばGoogle版のExcelです。パソコンのエクセルとは違い、無料でどんな環境からでも開くことが出来るのが良い所です。また、ファイルの保存場所がGoogleドライブという無料のWeb上に保存されるのでバックアップ体制も安心です。現在使っているExcelシートをGoogleドライブにアップロードしてGoogleスプレッドシートで開くことで、大半の計算式はそのまま使うことができます。

さらに、プログラムを使えば、いろいろ自動化することができます。特にGmailなどGoogleの他のサービスとの連携が簡単に出来るところが強みです。難点は、Excelのプログラム(マクロ)に比べて使い方に関する情報が少ないところです。私も在庫管理の一部をこちらで行っています。
 

ポイント 他にもChromeにはツールがあります

eBay輸出で使えるGoogle Chrome無料ツール

以上、eBay輸出でGoogleのブラウザChromeで使える5つのツールを紹介しました。この他にも様々なツールが公開されており、中にはAmazonその他ネットショップの価格情報を表示するツールもあるようです。調べてみると面白いかもしれません。

Chrome ウェブストア:https://chrome.google.com/webstore/category/apps?hl=ja
 

ポイント 無料PDFプレゼント!

(裏ワザ)手元のパソコンのBidMachine入札設定を自宅のパソコンに反映する方法

Chromeリモートデスクトップは便利ですが、遠隔操作なのでどうしても反応が遅くなります。従って、外出先から自宅のPCにアクセスしてBidMachineを設定することにはストレスを感じてしまいます。そこで、外出先のPCのBidMachineで入札設定を行った後、その設定を自宅のBidMachineに送る方法をまとめました。私のように、毎日自分のパソコンを持ち歩いているような人であれば、もう一工夫することで、さらにストレスなくBidMachineを使うことができます。

詳細は、こちらにまとめました。

BidMachineバナー

ご確認下さい。尚、ご入力いただきましたメールアドレスに、当ラボからのメルマガをお送りいたします。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.