その距離で高速道路を使う?・・・条件設定の難しさ

2019-03-27

子どもが春休みということで、家族旅行に来ています。
久しぶりに渋滞の首都高を通り抜けてきました。
さて、慣れない道を走るときに必須のカーナビ。
とても便利ですが、わずか数キロ先の目的地なのに高速道路を使った方が3分早いということで、高速道路を一区間だけ使うという回答が出ることがあります。
そのため、カーナビには追加条件の設定や複数の検索結果が表示されます。

商品リサーチの場合も同じです。

商品リサーチで単に「利幅が大きいもの」だけを探してもなかなか良い商品は見つかりません。

・梱包がラクなもの・難しいもの
・EMSで送ることができる寸法・重さ
・送料
・販売実績
・ライバルセラー数

など、いろいろ考える必要があります。

これらを明確にすると、リサーチ作業を効率的に行うことができるようになります。

どのようなキーワード・条件でリサーチを行うか?

この作業は試行錯誤です。

日々の商品リサーチしつつ、どのようなキーワード・条件を考えているかを整理しておくと、リサーチの効率化、効率化のためのツールを考えることができるようになります。

Excel・スプレッドシート・ノート・・・
何でも良いので記録をつけてみてはいかがでしょうか?

当ラボのe-Cross-Searchでも、検索結果をDBとして保存する機能があります。
お試しください。

eBayセラーのための複数サイト横断検索ツール
e-Cross-Search

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.