eBayフォローセラーチェックツールを作ろう!(4)スクリプトの作成

2019-02-08

当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。

連載で「IMPORTFEED関数」を活用したフォローセラーチェックツールの作り方を紹介しています。前回は、作業シートの作成を行いました。今回は、ちょっとしたプログラム(スクリプト)を記載してツールを完成させます。

過去の記事はこちら

eBayフォローセラーチェックツールを作ろう!(1)全体の流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。前回までに、プロ...

eBayフォローセラーチェックツールを作ろう!(2)URLを調べる
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。前回は、「IMPORTF...

eBayフォローセラーチェックツールを作ろう!(3)作業シートの作成
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。連載で「IMPORTFEE...

ポイント (復習)完成イメージ

(復習)完成イメージ
フォローセラーのリスト内の各セラーに対してIMPORTFEED関数で至近の販売状況を取得、そこから、フォローしているセラーの直近3日の販売実績の一覧表を作成します。

ポイント スクリプト作成の流れ

スクリプト作成の流れは次の通りです。

(1)スクリプトエディタを開く
(2)スクリプトを記入し、保存する
(3)スクリプトを実行する(初回のみ、承認操作が必要)
(4)実行しやすいように実行ボタンを作成する

これらの操作については、こちらに詳細をまとめました。

Googleスプレッドシートのスクリプト作成から実行までの基本的な流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。今回は、Googleス...

ポイント スクリプトの内容

今回作成するスクリプトの流れは次の通りです。
(1)セラーIDリストからセラーIDを順番にURL作成部に貼り付けて、更新情報を取得。
(2)その後、至近の販売実績を取得を取得
(3)全IDのチェックが終わったら、「出力」シートに結果を貼り付け。

ポイント スクリプト

今回作成するスクリプトは次の通り。こちらを、スクリプトエディタに記入します。

function myFunction_r1() {
  var inpsheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName('作業シート');
  var outsheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName('出力');

  
  //出力シートのクリア
  outsheet.getRange(2,1,1000,10).clearContent()

  //セラーリストの貼り付け
  var outdb=[]                          //条件に一致するデータを格納する配列
  for(var i=2;i<=30;i++){                   //i:セラーIDを2行目から順番に処理
    var sellerID=inpsheet.getRange(i,1).getValue()  
    Logger.log(sellerID)    
    if(sellerID==""){break}                          //セラーIDが空欄であれば処理終了
    
    //各セラーIDに対する処理
    inpsheet.getRange(1,5).setValue(sellerID)        //セラーID貼り付け
    Utilities.sleep(5000);                           //表示待ち(20190427追加)
    for(var j=4;j<=23;j++){                //IMPORTFEEDで取得した各行に対しての処理
      if(inpsheet.getRange(j,12).getValue()<=2){   //日付の確認
        var tmp=inpsheet.getRange(j,5,1,4).getValues()
        var imgtmp=inpsheet.getRange(j,13).getValue()
        var imglink="=image(\"https://i.ebayimg.com/thumbs/images/g/" + imgtmp + "/s-l225.jpg\")"
        var tlink="=hyperlink(\""+tmp[0][1]+"\",\""+tmp[0][0]+"\")"
        outdb.push([imglink,tlink,tmp[0][3]]) //一致するものを配列として取得
      }else{break}
    }
  }
  
  //結果をシートに貼り付け
  var olastrow=outsheet.getLastRow()+1               //最終行取得
  outsheet.getRange(2,1,outdb.length,3).setValues(outdb)

  
}

ポイント スクリプトの実行

作成したスクリプトを保存して実行します。詳細な手順は、先程と同じく、こちらに記載してあります。

Googleスプレッドシートのスクリプト作成から実行までの基本的な流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。今回は、Googleス...

ポイント まとめ

今回は、Googleスプレッドシート独自のIMPORTFEED関数とスクリプト機能を使って、フォローセラーチェックツールを作成しました。

このように、Googleスプレッドシートを活用すれば、Web上のデータ収集・活用が比較的容易に行うことができます。今回の例を参考にいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.