Google Apps Scriptでメール送付:お客様のメールアドレスを有効活用

2019-02-14

Googleスプレッドシートは、Googleが作成したものなので、他のGoogleサービスとの連携が得意です。今回は、Googleのプログラム機能(Google Apps Script)を使って、Gmailの最も簡単な送信について紹介します。

eBayでは、購入してくれたお客様のメールアドレスを取得することができます。このメールアドレスを活用すれば、購入してくれたお客様にアフターサービス、個別のオファーを提案するなどが可能となります。
注:eBayでの取引は、eBayのメッセージ機能で行うルールです。あくまでeBayでの取引が終了したお客様に対してのアフターサービス、オファーの提案です。)

ポイント 使用する関数

今回使用する関数は、「GmailApp.sendEmail」です。読んで字のごとく、Gmailでメールを送信する関数です。

必要なデータは、
・宛先
・タイトル
・本文

の3つだけ。通常のメールと変わりません。

ポイント プログラム(スクリプト)

では、実際の簡単なスクリプトの例を紹介します。スクリプトエディタを開いて、こちらを入力します。

スクリプトエディタの開き方はこちら

Googleスプレッドシートのスクリプト作成から実行までの基本的な流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。今回は、Googleス...

function send_Mail() {
// メール送付
var toadd="************@gmail.com"   //←メールアドレスを入力
var subject="テスト"
var body="○○さま"+"\n"+"お世話になっております。"+"\n"+"これはテストです。"

GmailApp.sendEmail(toadd,subject,body)
}

10行にも満たない簡単な内容です。

ここでは、
宛先:toadd
タイトル:subject
本文:body
という変数として記載しています。

ポイント:

 本文(body)の中にある、「\n」は改行を表します。Google Apps Scripでメールを送るときには、よく使用します。

ポイント 実行

このスクリプトを実行すると、ログインしているスプレッドシートのアカウントから、宛先(toadd)で指定したアドレス宛に次のようなメールが送られます。

ポイント 応用

今回は、スクリプト内に宛先や本文を記載しましたが、スプレッドシートのデータを読み込むことが可能です。
・宛先リストを用意して、同じメールをまとめて送信
・条件に合わせて本文やタイトルを変えて送信
など。
通常のメールと同じく「CC」「BCC」「添付ファイル」なども追加可能です。

ポイント まとめ

今回は、Googleのプログラム機能(Google Apps Script)を使って、Gmailの最も簡単な送信について紹介しました。

せっかくeBayの取引で手に入れたお客様のメールアドレス、うまく活用できれば売上アップに繋がりそうです。どんなことができるか考えてみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.