ネットショップリサーチの落とし穴

2019-03-23

昨日お話した我が家のHDD&Blu-rayレコーダーの修理ですが、子どもたちが寝静まった後、1時間かけて無事完了しました。

結局、故障の原因はグリス切れ?のようで、買ってきたゴムは使わずに済みました。

【雑】東芝HDDレコーダー の修理・・・修理してeBay販売の可能性は?
我が家のHDD&Blu-rayレコーダーのBlu-rayドライブが突然、開かなくなりました。Blu-rayドライブを使うのはクルマで子供たちに見せるDVDを作るためだけなので、数ヶ月放...

さて、今日は、用事があってドラッグストアに行ってきました。
ちょっと時間があったので、ついでに商品リサーチを兼ねて店内を見て回りました。

ポイント (復習)リサーチの2つの考え方

今さらですが、商品リサーチは、「eBayでの販売価格」と「仕入元の商品の価格」の差を見るのが基本なので、
eBay→仕入れ商品
というリサーチのほかにも
仕入れ商品→eBay
というリサーチ方法もあります。

従って、仕入元であるドラッグストアで気になった商品をeBayで見てみるという方法が使えます。いつもeBayからリサーチしていると見つからない商品も見つかるかもしれません。

ポイント ドラッグストアでのリサーチで感じたこと

そんなドラッグストアを含めた実店舗でのリサーチでのちょっとした気付きを紹介します。

(1)リサーチしずらいカテゴリも

ドラッグストアに置いてある商品の中にもeBayで販売している商品はたくさんあります。化粧品系の商品もいろいろ販売しています。

見て回ろうと思いましたが・・・。中年のおじさんが一人で女性化粧品売り場を見て回るのは結構恥ずかしい。

こういう商品のリサーチは女性の方が良いですね。

(2)ネットショップだけ見てると・・・

ドラッグストアでたまたま評価集めのために出品している数百円の商品を見たところ、某大手ネットショップより100円近く安いことがわかりました。
評価貯め商品のような利益ゼロでも回したい商品の場合、仕入れ値の100円は大きいです。

在庫チェックが不要な定番商品であれば、ドラッグストアの最安値を基準とした出品もありだと思いました。

たまには実店舗に行ってみるのも大切ですね。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.