Google Apps Scriptで通知:Slack編

2019-02-28

必要な情報は、タイムリーにチェックしたいですよね。前回は、Google Apps Scriptを使って、スプレッドシートと「LINE」を連携し、必要な情報をタイムリーに通知する方法を紹介しました。

今回は、Google Apps Scriptを使ってチャットアプリの一つ「Slack」に通知する方法を紹介します。

ポイント なぜSlack?

チャットアプリとして、すでに「チャットワーク(ChatWork)」を使っていましたが、大きな不満が1つありました。それは、通知画面でメッセージの内容がわからないということ。

チャットワークの通知は、「○○さんからメッセージが届きました」というだけで、内容がわかりません。通知があるたびに、中身を確認しなければならず不便です。

同じようなアプリとして「Slack」があると思い、アカウントを作って試したところ、プレビュー画面が出ました。

これなら使えると思い、Google Apps Scriptを使って「Slack」に通知する方法を調べてみました。

ポイント Slackの「Incoming WebHooks」を使う

Slackで情報を通知するためには、「Incoming WebHooks」というサービスを使うのが簡単なようです。

(参考)

【初心者向け】GASを使ってSlackへ自動通知 - Qiita
Slackへ自動通知を行いたい!というときに、GAS(Google Apps Script)を使用することで簡単に通知を行なうことができます。#今回の手順でできるようになること* 特定の時...

こちらのサイトを見れば、一通り設定が可能です。なお、通知先を自分にする場合には、チャンネル設定を「@ユーザ名」とすれば良いようです。

ポイント 通知文作成

メッセージの送信は、LINEとほぼ同じような内容で可能です。先ほど紹介したページでもサンプルがあります。

function toslack() {
  var honbun="ほげほげ"

  // payload=データ本体のこと  Slackに送信(post)する内容
  var payload  = {
    'text'      :  honbun,    // 変数のため''はいらない nameは利用しない場合消す
    'channel'   : '@ユーザ名',   //投稿するチャンネル名
    'icon_emoji': ':hedgehog:',   //botのアイコン 
  };

  // Slackに送信
  var options = {
    'method'      : 'post',
    'contentType' : 'application/json',
    'payload'     : JSON.stringify(payload), // jsの値をJSON文字列に変換
  };

  var url = ' Incoming WebHooksで取得したURL ‘;
  UrlFetchApp.fetch(url, options);
}

メッセージ作成のポイントは次の2点
・リンク付きのメッセージは、「」という形式で記載
・メッセージの改行は、「\n」

ポイント LINEとの使い分け

LINEでは、重要メールチェックなど優先度が高いものをバイブレーション付きで通知
Slackは、為替など定期的に確認したいものをバイブレーションなしで通知
という使い分けをしています。

ポイント まとめ

今回は、Google Apps Scriptを使ってSlackにメッセージを発信する方法を紹介しました。

次回は、スプレッドシートのWebデータ取得関数とSlackを連携したちょっと便利な使い方を紹介します。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.