Google Apps Scriptの6分の壁を突破するもう一つの方法

2019-03-16

当ラボで提供しているこちらのツールは、Googleスプレッドシートとそのプログラム機能であるGoogle Apps Script(GAS)を使って作成しています。

e-Cross-Search・・・eBay輸出で売れる?儲かる?をひと目でチェック
ヤフオク・メルカリ・ラクマ(フリル)・・・仕入れ場所が増えてリサーチが大変だ!という方に朗報商品リサーチのために・eBay・ヤフオク・メルカリ・ラクマ(フリル)...

e-SpeedーLister・・・File Exchangeを使って簡単スピード出品
出品数を増やしたいと「決意」したけれどモチベーションが続かない「意思・決意」の力で出品数を増やそうとして頑張っては、挫折を繰り返していませんか?そんな方にお...

Excelが不要、Windows/MACどちらでも動くという特徴があります。しかし、プログラムの実行時間に制限があります。
今回は、VBScriptというWindows標準のスクリプト機能(プログラム機能)を使って、GASの実行時間の制限を回避する方法を紹介します。

ポイント Google Apps Scriptの時間制限

無料で使えるGoogle Apps Scriptですが、その実行時間に2つの制限があります。
(1)1回のプログラムの時間制限:6分
(2)1日あたりのタイマーで実行するプログラムの上限:90分

一般的な時間制限の回避方法は、(1)の時間制限を回避するために、タイマー機能を使って処理を繰り返すというものです。
すなわち

実行→終了→タイマーで起動→終了→タイマーで起動

という流れです。しかし、上記(2)の制限があるため、この方法でも最大90分しか実行することができません。

Google Apps Scriptのタイマー機能(トリガー機能)を使わずに定期的に実行することができれば、上記(2)の制限がなくなり、より長時間のプログラムが実行できます。

今回は、VBScriptを使ってGoogle Apps Scriptを実行する方法を検討しました。

(参考)RPAソフトの一つであるUiPathを活用する方法

UiPathからGoogle Apps Scriptを実行する方法
最近、とあるきっかけで触るようになったRPA(Robotic Process Automation)ソフトの一つUiPath。先日、FileExchangeの自動アップロードに使えることを紹介しました。いろ...

ポイント VBSとは

Windows上で動くスクリプト言語(プログラム)の一つ。各種アプリの起動、文字の入力なども自動で行うことができます。Windowsの標準機能なので、新たなソフトを追加する必要はありません。

ポイント 実行方法のイメージ

前回も紹介したとおり、Googleスプレッドシート上部のメニュー(ファイル、編集、表示・・・)にスクリプトを実行できるメニューを追加します。あとは、VBSでスプレッドシートを開き、キーボードの操作でスクリプトを呼び出すという方法です。
あとは、この操作を6分周期で繰り返すことで、長時間の実行ができます。

ポイント まとめ

今回は、VBScriptというWindows標準のスクリプト機能(プログラム機能)を使って、GASの実行時間の制限を回避する方法を紹介しました。
これを上手く使うことができれば、当ラボの横断検索ツール「e-Cross-Search」などにも活かすことができそうです。
当ラボのツールにも応用できるように研究していこうと思います。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.