Google Apps Scriptで通知:LINE編(1)LINE Notify連携

2019-02-25

必要な情報は、タイムリーにチェックしたいですよね。今回は、Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートと「LINE」を連携し、必要な情報をタイムリーに通知する方法を紹介します。

ポイント 必要な情報「だけ」タイムリーに通知するには?

前回、重要なメールを逃さず整理する方法として、Google Apps Scriptを使ってスプレッドシート上でGmailの受信データから欲しいメール「だけ」を取得・リスト化する方法を紹介しました。

Google Apps Scriptでメールを受信してスプレッドシートに整理
Googleスプレッドシートは、Googleが作成したものなので、他のGoogleサービスとの連携が得意です。連載でプログラム機能(Google Apps Script)を使って、Googleスプレ...

こちらを使えば、大切なメールだけをチェックすることができそうです。しかし、確認するためには、このシートを開く必要があります。

Gmailなどのメールアプリには通知機能はあります。しかし、通知機能を「ON」にしておくと、不要な広告メールも含めて通知が来てしまいます。

大切なメールの受信「だけ」を通知する方法が無いか?

そこで注目したものが「LINE」です。LINEは、基本的に家族・友人との連絡のやり取りに使うもの、通知機能を「ON」にして使っています。

ポイント LINE通知に必要な「LINE notify」

LINEでは、外部サービスとの連携のために「LINE Notify」というサービスを用意しています。

LINE Notify
LINE NotifyはGitHub,IFTTT,MackerelなどのWebサービスからの通知を、LINEで受信することが出来る便利なサービスです。

こちらにログインして「アクセストークン」という文字列(認証情報)を取得すれば、わずか数行のプログラムでLINEにメッセージを送ることが可能です。

ポイント LINE notifyでアクセストークンを取得する

LINE notifyのページに行き、右上のログインボタンからLINEにログインします。その後、マイページに移動し、「トークンを発行する」ボタンをクリックします。

「トークン名(通知時に表示される名前)」と「通知先」を選択した後、「発行する」ボタンをクリックすると、「トークン」が発行されます。

発行されたトークンは、コピーしてメモ帳等に貼り付けておきます。このページを閉じると確認することができなくなります。(なくしてしまった場合には、再発行する必要があります。)

ポイント Google Apps Scriptでテストメッセージを送る

アクセストークンを取得できたら、使用するスプレッドシートでスクリプトエディタを開いて、スクリプトを作成します。

今回、使用するスクリプト(Google Apps Script)は、こちらです。
なお、スクリプトの作成及び実行方法はこちらにまとめてあります。

Googleスプレッドシートのスクリプト作成から実行までの基本的な流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。今回は、Googleス...

function toLine() {
  var token="取得したアクセストークン"  
  var honbun="テストメッセージ"

  var options  = {
     "method"  : "post",
     "payload" : "message=" + honbun,
     "headers" : {"Authorization" : "Bearer "+ token}
  };

  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify",options);
}

といっても内容は、これだけ(12行)です。このスクリプトを実行すると、先ほど指定したグループ(若しくは自分)にメッセージが届きます。

ポイント まとめ

今回は、Google Apps Scriptを使って、スプレッドシートと「LINE」を連携し、スクリプトからLINEにメッセージを発信する方法を紹介しました。トークンを取得する部分がちょっとメンドウですが、その後はとても簡単でした。

次回は、こちらで紹介したスプレッドシート上で取得・リストの更新情報を通知する方法を紹介します。

Google Apps Scriptでメールを受信してスプレッドシートに整理
Googleスプレッドシートは、Googleが作成したものなので、他のGoogleサービスとの連携が得意です。連載でプログラム機能(Google Apps Script)を使って、Googleスプレ...

お楽しみに。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.