Google Apps Scriptで通知:LINE編(2)スプレッドシートの内容を送信

2019-02-26

必要な情報は、タイムリーにチェックしたいですよね。連載でGoogle Apps Scriptを使って、スプレッドシートと「LINE」を連携し、必要な情報をタイムリーに通知する方法を紹介しています。

Google Apps Scriptで通知:LINE編(1)LINE Notify連携
必要な情報は、タイムリーにチェックしたいですよね。今回は、Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートと「LINE」を連携し、必要な情報をタイムリーに通知する方法...

前回は、LINE Notifyでアクセストークンを取得し、テスト送信を行いました。今回は、以前作成したスプレッドシートにGmailの受信データから欲しいメール「だけ」を取得・リストしたツール(メール抽出ツール)を改良し、シートに更新があった際にLINEに通知する方法を紹介します。

Google Apps Scriptでメールを受信してスプレッドシートに整理
Googleスプレッドシートは、Googleが作成したものなので、他のGoogleサービスとの連携が得意です。連載でプログラム機能(Google Apps Script)を使って、Googleスプレ...

ポイント 完成イメージ

メール抽出ツールでメールチェックを実行する際、データの追加があったら、その内容をLINEに通知します。

ポイント プログラムの修正箇所

今回、使用するスクリプト(Google Apps Script)は、こちらです。
メール抽出ツールのスクリプトに3行ほど追加しています。

なお、スクリプトの作成及び実行方法はこちらにまとめてあります。

Googleスプレッドシートのスクリプト作成から実行までの基本的な流れ
当ラボでは、誰もが無料で使うことができるGoogleスプレッドシートを使って様々なサイトから必要な情報の取得を仕組み化したツールを提供しています。今回は、Googleス...

function receive_Mail2() {
 
  var sheet= SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName('シート1');  //←適切なシート名を設定して下さい
  
  var now = new Date();  //現在の日時取得

  //**************************************
  // 最終データ取得日時をUNIX時間に換算
  //**************************************
  const date = sheet.getRange("C2").getValue() ;//最終取得日時
  if(date==""){date= new Date(now - (1000 * 60 *60 * 24 ));}  //日付欄が空欄だったら、24時間前の時刻を入力
  const unixTime = date.getTime();//UNIX TIMEに変換
  const term = Math.floor(unixTime/1000); //ミリ秒を秒に変換
  const termStr = term.toString(); //検索期間を文字列に変換

  //**************************************
  // メールの検索条件の作成
  //**************************************
  var condstr=sheet.getRange(4,3,30,1).getValues()
  var strTerms = 'after:'+ term +' '
  for(var i=0;i<condstr.length;i++){
    strTerms = strTerms+condstr[i]+'|'
  }

  //**************************************
  // 検索条件に当てはまるメールを抽出
  //**************************************  
  Logger.log(strTerms)
  var myThreads = GmailApp.search(strTerms, 0, 5); //条件にマッチしたスレッドを取得
  var myMsgs = GmailApp.getMessagesForThreads(myThreads); //スレッドからメールを取得する →二次元配列で格納
  Logger.log("myMsgs.length"+myMsgs.length);
  var valMsgs = [];
  var matomeArray = []; 
  /* 各メールから日時、送信元、件名、内容を取り出す*/
  var chatmsg="新着メール"+"\n"            //←今回追加
  for(var i = 0;i < myMsgs.length;i++){
 
    valMsgs[i] = [];
    valMsgs[i][0] = myMsgs[i][0].getDate();
    valMsgs[i][1] = myMsgs[i][0].getFrom();
    valMsgs[i][2] = "=hyperlink(" + String.fromCharCode(34) +   myThreads[i].getPermalink() + String.fromCharCode(34) + "," + String.fromCharCode(34) +  myMsgs[i][0].getSubject() + String.fromCharCode(34) +")" ;
    valMsgs[i][3] = "'"+myMsgs[i][0].getPlainBody().slice(0,50);

    chatmsg=chatmsg+myMsgs[i][0].getSubject()+"\n" //←今回追加

    matomeArray.push([valMsgs[i][0],valMsgs[i][1],valMsgs[i][2],valMsgs[i][3]])
  }

  //**************************************
  // スプレッドシートに出力
  //**************************************
    var mlen=matomeArray.length;
    var tmp=sheet.getRange("F:F").getValues()
    var lastrow = tmp.filter(String).length+2;
    Logger.log(lastrow);

  if(myMsgs.length>0){
    sheet.getRange(lastrow, 6, mlen, 4).setValues(matomeArray); //シートに貼り付け
  toLine(chatmsg)                //←今回追加
    
  }
  
  //**************************************
  //最終受信日時を記入
  //**************************************
  sheet.getRange("C2").setValue(now)
}

(1)Lineに通知するメッセージを作成(35,44行目)

「chatmsg」という箱(変数)にLINEに通知するメッセージを作成しています。

ポイントは次の2つ
・スプレッドシートの値を複数つなげて文章を作成する場合には、「+」でつなげる
・LINEの中で改行を使う場合には、「”\n”」を使う
ということ。

(2)Lineへ通知

作成したメッセージを前回のLineへ通知するスクリプトに代入して発信します。こちらは、前回使用したスクリプトを修正したものです。

(1)で作成したメッセージ「chtmsg」を下のスクリプトの「honbun」に代入して発信しています。

function toLine(honbun) {
  var token="取得したアクセストークン"  

  var options  = {
     "method"  : "post",
     "payload" : "message=" + honbun,
     "headers" : {"Authorization" : "Bearer "+ token}
  };

  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify",options);
}

ポイント まとめ

今回は、以前作成したメール抽出ツールを改良し、シートに更新があった際にLINEに通知する方法を紹介しました。

何もしなくても情報が入ってくる現在、入ってくる情報を制御して、不要な情報は見ない、必要な情報「だけ」をタイムリーに知る仕組みを構築していきましょう。

Copyright(c) 2016 e-Shikumi-Labo All Rights Reserved.